医療実績

 開院以来1万5000件以上の内視鏡経験があり、多くの癌を早期のうちに発見し、多数の方が元気で社会復帰し活躍されています。「お蔭様で5年・10年が経ちました」とのお礼の言葉がスタッフ一同心の励みとなっています。
 ウイルス性肝炎のインターフェロン療法と共にC型肝炎のインターフェロンフリー療法(内服薬による治療)も実施し、症例数はそれほど多くはありませんが、現時点では全例ウイルスが陰性化し、良好な状態で経過観察中であり、患者様に感謝されています。肝がん死亡者0を目標とし、今後も診療に努力するつもりです。
 各種健康診断も積極的に実施し、平塚市と伊勢原市の特定健診・肺がん検診も多数行っています。また平塚市の胃がん・大腸がん検診でも当院での二次精密検査で毎年数名の癌患者が発見され感謝されています
 高齢化時代を迎え、在宅医療にも力を入れ積極的に往診・訪問診療を実施し、毎年何人かの看取りも実施しています。在宅医療の充実のため、平成28年には超音波検査装置も携帯用も装備、携帯用心電計も最新の装置に更新しました。